脂肪溶解注射で手に入れる理想のボディ|カムバック若い頃の私

施術の流れ

お腹

脂肪を吸収して溜め込んでしまう脂肪細胞を直接破壊して排出し、確実な痩身効果と太りにくい体を実現することのできる脂肪溶解注射。脂肪細胞を直接取り払うという意味では脂肪吸引も同様の効果を持ちますが、脂肪吸引の場合はメスを使用して肌に傷を入れる必要があり、気が引けてしまう女性も多くいます。現在は技術が進歩し、傷跡を少なく、かつ目立たないところにつけることが可能となっていますが、カニューレで脂肪を吸い取っていくという過程にためらってしまう人もいます。対して脂肪溶解注射の場合は5分から10分程度の注射で施術が終わってしまうため、安心して美容整形を受けることができます。

脂肪溶解注射を受けようと思ったら、まずは施術を行っている美容外科を探し、カウンセリングを受けることになります。美容外科を選ぶ際は、基本的にいくつかの美容外科にてカウンセリングを受けましょう。ほとんどの美容外科ではカウンセリングを無料で行っているため、カウンセリングだけハシゴして受けることができます。そうして、真に患者のためになってくれるかどうか、きちんと施術を行ってくれるかどうか、アフターケアもしっかりしているかどうかなどから判断し、美容外科を選びましょう。

脂肪吸引などではなく脂肪溶解注射を受けたい場合は、その旨をしっかり医師に伝えるようにしましょう。よい美容外科であれば、患者の望みをできるだけ叶えてくれます。
しかし、どのように痩せたいかという希望によっては、別の施術のほうが適している場合もあります。その際は医師がきちんと説明してくれますので、説明を聞いた上で判断しましょう。また、脂肪溶解注射の場合は薬剤の主成分が大豆から作られるので、大豆アレルギーの人は受けることができません。事前にパッチテストが行われるので、そこでアレルギー反応が出るようであれば脂肪溶解注射は諦めなければなりません。

カウンセリングにてどの部位をどのように痩せるかを医師と確認すると、いざ施術に入ります。うこ脂肪溶解注射の施術は注射を使って薬剤を注入するだけなので、10分以内で終了します。そのため拍子抜けすることもあるかもしれませんが、これにて施術は終了であり、そこからもう脂肪細胞の破壊が始まっています。
脂肪溶解注射は、特にお腹や太ももなど大きな部位であれば、何度か繰り返し行とで確かな効果が得られる施術です。そのため基本的には複数回通院することになるので、カウンセリングの時点でどれくらいの期間や費用が必要になるのか、医師にきちんと確認しておきましょう。