脂肪溶解注射で手に入れる理想のボディ|カムバック若い頃の私

顔痩せを脂肪溶解で

体重計

お腹や横腹、太ももなど、気になったところに狙いを定めて脂肪の量を減らすことのできるのが脂肪吸引です。非常に有名な美容整形で、一回の手術で高い効果が得られることから現在も根強い人気を誇っている美容整形のひとつです。ダイエットは、やれば誰にでも等しく効果が現れるものではなく、人によって差が生まれます。これには、さまざまな要因が絡んできますが、大きな原因は脂肪細胞です。脂肪細胞の数は遺伝により決まっており、これの数が多いと、いくら痩せようとしても難しく、また痩せたとしてもすぐにリバウンドしてしまう可能性があります。このようなハンデがあっても脂肪を落とすことができるのが、脂肪細胞を直接取り除くことができる脂肪吸引なのです。
しかし脂肪吸引は、皮下脂肪の薄い箇所には行えないというデメリットがあります。メスで切り口を入れ、カニューレを挿入して脂肪細胞を吸引していくことから、ある程度の量を除去することが前提となっています。そのため、太ってはいても皮下脂肪が比較的少ない顔へは使用できないのです。

では顔の痩身はできないのか、というと、そうではありません。ダイエットによって首から下は思ったとおりに痩せられたのに顔だけぽっちゃりのまま、という悩みを解決するには、脂肪溶解注射が適切です。
脂肪溶解注射は、痩せる量は脂肪吸引に劣りますが、注射を行うだけで脂肪を溶かし、痩身効果を得ることができる美容整形です。注射により薬剤を脂肪細胞へ投与するだけなので、場所を選ばず、細かい調整が可能なところにメリットがあります。また、メスを使用しないプチ整形であるという点も、美容整形に少し抵抗感を持っている女性にとっては嬉しいポイントです。肌を切開することがないのでダウンタイムが非常に短く、大きな副作用が出なければ翌日から日常生活に復帰することも可能です。
この脂肪溶解注射を使用すれば、例えば皮が垂れて二重になってしまったアゴをスッキリとしたラインにすることができます。また、ふっくらと膨らんでしまっている頬に使用して、モデルのようなスッとしたフェイスラインを実現することも可能です。

顔への脂肪溶解注射を行う際には、気をつけなければならない点があります。それは、もとは副作用の少ない施術ではありますが、腫れや内出血などが顔に出る可能性があるということです。二の腕や太ももであれば服で簡単に隠すことができますが、顔だとそうはいきません。多くの人はカムフラージュメイクによって誤魔化すことができますが、それ以上の副作用が出る可能性があるため、ダウンタイム期間は外出の機会が少ないタイミングを狙うなどしましょう。
ちなみに、腫れや内出血、痛みなどが引いてきたら、簡単なマッサージを行うことで溶けた脂肪をしっかりリンパに流すことができ、より確実な痩身効果を得られるようになります。