脂肪溶解注射で手に入れる理想のボディ|カムバック若い頃の私

簡単に理想の体を

注目カテゴリ

認められた薬剤

豚とメジャー

脂肪溶解注射にて使用されているフォスファチジルコリンは、FDAにも認められており、フランスやドイツなど19ヶ国で使用されている薬剤です。そのため安全性が高く、安心して施術を利用することができます。

続きはこちら

施術の流れ

お腹

脂肪溶解注射を受けるには、まずカウンセリングを受けます。カウンセリングにて施術する部位や痩せる度合いを決定したら、施術を行います。施術は10分以内で終了しますが、複数回行うことが普通です。

続きはこちら

   

痩せたい人の救世主

注射中

体についた脂肪が気になって仕方がない、どうしても痩せたいのに痩せきれない、という悩みを抱えた女性は多くいるのではないでしょうか。一部の男性はぽっちゃり体型のほうを好むといいますが、やはり日本において女性の美といえば痩身であり、スラっときれいなくびれを作りたいと願ってしまうものです。
このように痩せたい、痩せてきれいになりたいと願う女性の救世主となるのが、多くの美容外科にて広く行われている「脂肪溶解注射」という施術です。

脂肪溶解注射は、美容外科で受けることのできる痩身術のなかでも安全性が高く、最も手軽に行える治療として多くの女性から人気を集めています。また、美容整形のなかでもメスを使用しないプチ整形に分類され、メスを使って体に傷を入れるのが怖いという女性にとっても嬉しい施術と言えます。
脂肪溶解注射以外にも、痩身術に分類される美容整形は多くあります。脂肪吸引がその代表的なもので、知名度が高く、多くの女性から利用されています。
脂肪吸引では、メスを使用して痩せたい部分を少しだけ切開し、そこにカニューレと呼ばれる専用の管を通して、脂肪細胞を吸い取っていきます。この「脂肪細胞を吸い取る」というやり方が、脂肪吸引を人気の施術に押し上げている要因です。肥満の原因は、脂肪を溜め込んでしまう脂肪細胞にあります。脂肪細胞の数は遺伝により最初から決まっており、いくらダイエットをしても、脂肪細胞の数が減ることはありません。つまり脂肪細胞が多いと、
ダイエットしづらく、せっかく痩せたとしてもリバウンドしやすい体だということです。脂肪吸引ではこの脂肪細胞を取り除いてしまうため、痩せたあとに残った脂肪細胞が太っても、全体的には影響は受けません。

ただやはり、脂肪吸引はメスを使用するので、怖いと感じる女性は多いもの。また、二の腕や顔など脂肪の分布が比較的狭い、あるいは少ない部位だとカニューレを通すことができないので、脂肪吸引には向きません。
そのような場合に活躍するのが、脂肪溶解注射なのです。
脂肪溶解注射ではもちろんメスを使わず、注射器によって薬剤を注入していくだけです。そのため二の腕や顔などの細かい部位にも治療を施すことができ、脂肪を取り去りたいと思っているあらゆる箇所にて応用することができます。
また、脂肪溶解注射の効果は脂肪細胞を破壊して溶かすというものです。そのため、手段は違いますが結果は脂肪吸引と同じで、肥満の元となる脂肪細胞それ自体の数を減らすことができます。そのため脂肪溶解注射を受けたあとも、リバウンドでまた元の体型に戻ってしまうのではないかという心配をする必要はほとんどありません。

オススメリンク

  • 銀座 美容外科美容整形比較サイト

    美容整形なら銀座に口コミで評判の高いところがあります。腕の高いドクターが要望に沿った治療を遂行してくれます。
  • 脂肪溶解注射をしてもらうならコチラのサイトを参考にして、評判のいいクリニックを見つけましょう。部分痩せしたい方におすすめです。
  • きれいな二重まぶたに憧れている方は美容外科を大宮エリアで利用しましょう。印象も変わるので、化粧などももっと楽しめますよ!気になる方はサイトへ!

副作用について知る

カロリー

脂肪溶解注射は狙ったところの脂肪を溶かすことのできる素晴らしい治療法ですが、アレルギーや副作用について知る必要があります。副作用はカムフラージュ可能なレベルですが、念のためダウンタイム期間を想定しておきましょう。

続きはこちら

顔痩せを脂肪溶解で

体重計

脂肪溶解注射は、脂肪吸引では対応できない顔の痩身も実現できる点に魅力があります。その際は、ダウンタイムを多めに考えるようにしましょう。腫れが引いてきたら、マッサージをすることで効果を高めることができます。

続きはこちら